セカンドライン

お知らせ

IIHF&JADA「パートナーシッププログラム実施」

 
  • 委員会
  • 医科学・安全管理委員会
  • 2019年01月16日
2019年1月11日、女子U18アイスホッケー世界選手権の参加選手たちを対象に、国際アイスホッケー連盟(IIHF)と日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が、パートナーシッププログラムとして【リアルチャンピオン教育プログラム】を実施した。
このプログラムでは、各国の選手たちが混成グループに分かれて、話し合ったり発表したりと、試合を離れた交流機会となった。

このニュースに関する詳細はこちら

IIHF&JADA「パートナーシッププログラム実施」 IIHF&JADA「パートナーシッププログラム実施」 IIHF&JADA「パートナーシッププログラム実施」 IIHF&JADA「パートナーシッププログラム実施」
このページの上へ