セカンドライン

お知らせ

「2019IIHF女子U18アイスホッケー世界選手権」日本開催決定

 
  • JIHF NEWS
  • 2018年05月19日
デンマーク・コペンハーゲンで開かれている国際アイスホッケー連盟年次総会において、5月18日、「2019IIHF女子U18アイスホッケー世界選手権」の日本開催が決定しました。
総会では、北海道帯広市の帯広の森運動公園にあるリンク3面を含む施設群を活用して開催することをプレゼンテーションし、承認されました。
IIHF世界選手権最上位ディビジョンの開催は、日本初となります。

大会名称 2019IIHF女子U18アイスホッケー世界選手権
     2019 IIHF Ice Hockey U18 Women’s World Championship 略称WW18
主  催 国際アイスホッケー連盟
主  管 公益財団法人日本アイスホッケー連盟
     一般財団法人北海道アイスホッケー連盟・帯広アイスホッケー連盟
参 加 国 A組:①アメリカ(USA)、②スウェーデン(SWE)、③カナダ(CAN)、④ロシア(RUS)
     B組:⑤フィンランド(FIN)、⑥チェコ(CZE)、⑦スイス(SUI)、⑨日本(JPN)
※○数字は前回順位 日本はディビジョンⅠグループA1位(全体9位)で昇格
開催場所 帯広の森アイスアリーナ・帯広の森スポーツセンター
開催期間 2019年1月06日(日)~1月13日(日)
※ 今後IIHFや参加国等と調整するため変更される可能性があります。
「2019IIHF女子U18アイスホッケー世界選手権」日本開催決定
このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow