セカンドライン

お知らせ

SMILE JAPAN■世界女子選手権 第2戦GWS負け

 
  • 女子日本代表
  • 2013年04月10日
2013世界女子選手権Div.I-A、日本の第2戦の相手はオリンピック最終予選で対戦したデンマーク。
第1ピリオドデンマークに先制点を許し、2ピリ開始早々にゴールを決め同点として最後まで優勢に試合を進めたが、得点を上げることができず、1-1でオーバータイムに突入した。5分間の延長戦でも決着がつかず、ゲームウィンイングショットで日本の1ゴールに対しデンマークは2人が決め、惜しくも痛い敗戦となった。

日本 1(0-1、1-0、0-0、OVT0-0、GWS0-1)2 デンマーク

日本の得点
22:39 G浮田留衣 A青木亜優子
GK 中奥梓

▼飯塚祐司監督のコメント
立ち上がりからスコアリングチャンスに得点できず、相手に先制点を与えてしまいました。第2ピリオドに入ってすぐに得点したので、その勢いで良いリズムに乗れると思いましたが、追加点を奪うことができませんでした。気持ちを切り替えて明日のノルウェー戦にのぞみたいと思います。

▼FW浮田留衣選手のコメント
今日の試合ではスコアすることと、落ち着いてプレーしようと思いながらやりました。青木亜優子選手の後ろでフリーだったので、パックをもらって打ちました。ゴールが決まってよかったです。
明日からの試合ではたくさんスコアして、60分間で勝ちたいと思います。

▼ゲームベストプレーヤーFW寺島奈穂選手
自分の出番の1シフト1シフトをしっかりやろうと思って試合にのぞんでいます。全力でプレーできたと思うので、ゲームベストプレーヤー賞は嬉しいです。
明日のノルウェー戦もみんなと一緒に全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。

このニュースに関する詳細はこちら

このページの上へ