セカンドライン

お知らせ

SMILE JAPAN■世界女子選手権 第1戦 白星スタート

 
  • 女子日本代表
  • 2013年04月07日
4月7日ノルウェー・スタバンガーで2013世界女子選手権DivI-Aが開幕、第1試合で日本女子代表はラトビア代表と対戦し、5-0で勝利した。


ラトビア 0 (0-3、0-0、0-2) 5 日本


▼得点
05:02 EQ G坂上智子 A米山知奈
06:27 EQ G平野由佳 A中村亜実 久保英恵
19:03 EQ G平野由佳 A久保英恵 中村亜実
53:15 EQ G藤本もえこ A足立友里恵 浮田留衣
57:24 EQ G米山知奈 A大澤ちほ 獅子内美帆
▼GK 中奥 梓


【飯塚祐司監督のコメント】
試合立ち上がりは動きが硬く、本来のスピードあるホッケーが出来なかったが、その状況の中でも1ピリに3得点をあげ試合を優位に進めた。
試合中盤はスコアリングに苦しんだが、本来のスピードあるホッケーとハードワークが見え始め、3ピリに2得点をあげ5-0で勝利する事ができた。
ほぼパックをコントロール出来た試合であったが、プレーの判断スピードとパックに対するプレッシャーを次の試合では上げていきたい。


【大澤ちほキャプテンのコメント】
結果的には大差となりましたが、内容は満足の行くものではなかった。60分間、1ピリ開始からハードワークして相手にプレッシャーをかけるという、チームが目標とするホッケーができていなかった。
合宿ではゴールに対して執着心を持って得点力を上げる練習をしてきたが、いい時間帯に点数がとれたことは良い成長だと思う。


【ゲームベストプレーヤー賞 GK中奥梓選手のコメント】
初戦ということもあって、1ピリの立ち上がりが良くなかったが、修正しながらチーム全員でよくやっていた試合だった。
全勝を目指しているので、残りの試合も最少失点で止めることを目標に守りたい。

このニュースに関する詳細はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報