セカンドライン

お知らせ

世界選手権代表派遣取りやめについて

 
  • JIHF NEWS
  • 2011年03月15日

この度の東北関東巨大震災で、尊い生命を失われた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  

日本アイスホッケー連盟では、4月に開催される各世界選手権に代表チームを派遣すべく、強化等をすすめてきました。しかしながら、今回の震災による被害が、広範囲に及び、極めて深刻な状況が明らかになって来ています。  

連盟では、代表チームの派遣について、加盟団体 所属企業等とも協議を進めた結果、未曾有の被害状況であり、国全体で復興へ向けての取り組みが進む現状を考え、派遣の取りやめを決定いたしました。  

男女代表、U18代表の各チームは、いずれもトップディヴィジョンへの昇格をめざしていただけに、無念であります。  

アイスホッケーは、今回の被災地域の皆さんに支えられて活動を続けてきました。  

選手たちと家族、それに関係者の方々が多くおられます。  

大会が来月に迫っており、選手たちが、思うような準備ができず、本来の力を発揮できる環境でもありません。  

今は、微力ですが、私たちも、それぞれの地域でお手伝いすることが役割と考えております。  

今回の派遣中止について、ご理解をいただきますようお願いいたします。  

1日も早い復興をお祈り申し上げます。  





財団法人日本アイスホッケー連盟  

会長 遅塚 研一  

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報