セカンドライン

お知らせ

インライン日本代表 Division I 5位ならず

 
  • 男子インライン代表
  • 2012年06月07日
インライン日本代表は、2012 IIHFインラインホッケー世界選手権最終日に5位決定戦でオーストラリアと対戦した。勝者はディビジョンIで5位(総合13位)となり、来季の世界選手権ディビジョンI残留が決定する試合であった。しかし、オーストラリアに先制を許し、2P1:49に#19香田 芳三(TEAM Conquest)(A#15西浦 裕貴))のゴールで同点に追いつき、徐々に突き放され、3-7でオーストラリアに敗れた。

1P2:05にオーストラリアが先制点。2P1:49に#19の同点ゴール。勢いに乗りたかったが、6:27の失点、2P終了間際のキルプレイ中にも失点してしまい、2P終了時点で1-3。
ハーフタイム明けで流れを変えたかったが、またしても点を決めたのはオーストラリア。5:05、6:07に失点。8:25にようやく#7牛島 貴生(TEAM Conquest)(A:#16大音 大輔(TEAM BISCUIT)が点を決めて2-5。4P2:54にオーストラリアが6点目のゴール。
6:10に日本の3点目を#19香田 芳三(A:#牛島 貴生)が決めた。だが、日本の得点はここまでとなり、7点目をオーストラリアが7:18に決め、最終スコアは3-7となった。

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow