セカンドライン

お知らせ

インライン日本代表 3-2でニュージーランドに勝利!

 
  • 男子インライン代表
  • 2012年06月06日
インライン日本代表が2012 IIHFインラインホッケー世界選手権で初勝利を収めた。準々決勝で敗れ、順位決定トーナメントにまわった日本はニュージーランドと対戦。今大会2試合目のニュージーランド戦となったが、前回の試合と異なり、重要な試合で勝利を決めることができた。

1P9:46に日本がパワープレイのチャンスを得ると、10:06に#16大音 大輔(TEAM BISCUIT)(A:#13土本 源太郎(TEAM BISCUIT) A:#16西浦 裕貴(TEAM Conquest)が日本に今大会初の先制点をもたらした。2Pは、日本が開始直後にペナルティを課されたが、失点を防ぎ、4:20に#9川口 皓(TEAM BISCUIT
)(A:#10鈴木 亜久里(TEAM BISCUIT) #15西浦 裕貴)が追加点を決めた。2P終了時点で2-0と日本がリード。

3Pは開始わずか42秒で#16大音 大輔(A:#8小林 秀平(オーティス))が2点目のゴールを決め、3-0とリードを広げた。4点目を決めて試合の主導権を完全に握りたいところであったが、日本はペナルティをとられ、ニュージーランドがパワープレイのチャンスを3P9:25で生かし3-1。4Pも3:56に再び日本がキルプレイとなると4:02にニュージーランドのパワープレイゴールを許してしまい3-2となった。

試合終了1分前にはニュージーランドがGKを下げ、エキストラアタッカーを投入してきたが、日本が1点のリードを守りきり5位決定戦に駒を進めた。

【試合結果】
ニュージーランド 2 ( 0 - 1 , 0 - 1 , 1 - 1 , 1 - 0 ) 3 日本

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報