セカンドライン

お知らせ

AL広報発:プレーオフファイナル第1戦「バックス1勝」

 
  • JIHF NEWS
  • 2012年03月17日
■3月 17日(土)
「王子イーグルス 対 H.C.栃木日光アイスバックス」 
苫小牧市白鳥アリーナ

王子イーグルス 4(1-3,1-3,2-0)6 H.C.栃木日光アイスバックス

●GK 
【王子イーグルス】 61.春名 ⇒ 39.成澤   
【H.C.栃木日光アイスバックス】 38.小野

●得点
【王子イーグルス】
①44.A・キャラー(21.久慈、28.C・ハリントン)
②44.A・キャラー(28.C・ハリントン、32.M・カヴォシー)
③32.M・カヴォシー(44.A・キャラー)
④ 7.百目木(48.高橋、20.山下)

【H.C.栃木日光アイスバックス】
①20.外崎(12.内山、 9.山田)
②19.中居(45.瀬高、 3.山口)
③12.内山(18.鈴木、67.A・コザック)
④ 9.山田(34.高橋、48.上野)
⑤48.上野(51.D・ボンク、86.ソン ドンファン)
⑥48.上野(51.D・ボンク、34.高橋)

●コメント
【王子イーグルス 山中監督】
今日の試合は試合間が空いていたので心配していたが、心配した通りになってしまった。1Pから、パックを持っても判断ができなかったり、粘り強いプレイができなかったりで、そこを突かれて失点をしてしまった。しかし3Pは明日につながるホッケーができたので、今日負けたことから学んで明日は勝利します。

【H.C.栃木日光アイスバックス 村井監督】
1Pから良い準備をして、チームとしても意識を高くスタートを切れたのが今日のゲームの勝因だった。どのラインも、勝つための、また自己犠牲のプレイ。1人1人がステップアップした結果だ。GK小野航平はプレイオフ初先発だったが、彼らしいベストのパフォーマンス出したし、ゴールまで届かせないプレイヤーの献身的な守りも、今日の勝利に繋がった。 明日はもっともっとタフなゲームになると思うので、しっかりと準備をして、勝利に向ってチーム一丸となって戦います。


◆ファイナル日程   ≪5試合3勝先勝方式≫
第1戦 3月17日(土) 終 了(苫小牧)イーグルス1敗/アイスバックス1勝
第2戦 3月18日(日) 14:00(苫小牧)
第3戦 3月20日(火) 14:00(苫小牧)
第4戦 3月24日(土) 16:00(日 光)
第5戦 3月25日(日) 14:00(日 光)





このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報