セカンドライン

お知らせ

世界女子U18選手権Div1  オーストリア戦もGWSで敗戦

 
  • 女子U18代表
  • 2012年01月04日
4チームが2勝と混戦模様の世界女子U18選手権ディビジョン1。第4戦日本チームはオーストリアと対戦したが、ハンガリー戦に続いてGWSで敗れ、大きな1勝を逃す結果となった。

JPN  1 (1-0, 0-1, 0-0, OT0-0, GWS0-1) 2  AUT

▼日本の得点
2:26 G高 涼風 A青木亜優子

日本は第1ピリオド立ち上がり、2分26秒青木の突破から高が押し込み先制をする。
オーストリアも攻撃力の高いフォワードがチャンスを演出するもGK高橋を中心に固いDF陣の前に阻まれ第1ピリオド終了。
第2ピリオドオーストリアは一瞬の隙を見逃さず、同点に追いつかれる。
その後はお互い決定力に欠け試合終了。オーバータイムに突入、ここでもチャンスを決めきれず0-0、日本は2試合連続のGWS戦となった。結局、GWS 0-1の末惜敗となってしまった。
明日、最終戦を迎えるのでしっかり修正して臨みたい。

このニュースに関する詳細はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報