セカンドライン

お知らせ

WM20IB最終戦CROに敗れ降格

 
  • 男子U20代表
  • 2011年12月19日
ポーランドのティヒで行われている2012IIHF世界U20アイスホッケー選手権ディビジョンIグループB最終日、日本はディビジョンIグループB残留を懸けてクロアチアと対戦した。

CRO4(0-0,3-2,1-1)3JPN

試合は0-0のまま始まった第2ピリオド開始早々、早稲田大学の池田一輝が決めて日本が先制した。
その後、クロアチアに同点にされるも埼玉栄高校の木戸啓太が決めて突き放しにかかるが、パワープレーを連続して決められ、逆転を許してしまう。
第3ピリオド中盤にもクロアチアに得点を許してしまうが、何としても追い付きたい日本は17:50から6人攻撃で攻め立てた。
試合終了25秒前に早稲田大学の山田虎太郎が決めて1点差に詰め寄ったが、そのまま試合終了。
日本のディビジョンIIA降格が決まった。

U20日本代表選手団は20日成田空港に帰国予定。

このニュースに関する詳細はこちら

WM20IB最終戦CROに敗れ降格
このページの上へ