セカンドライン

お知らせ

女子代表■IIHFフィンランド女子トーナメント 第3戦スウェーデン

 
  • 女子日本代表
  • 2011年08月27日
日本代表の第4戦は世界ランキング4位の強豪スウェーデンとの対戦。 
日本代表はこの大会初得点を決めた。第2ピリオド相手の反則でパワープレーのチャンスにDF青木香奈枝選手がゴール。第3ピリオドにも、ブレイクアウトから石浦楓佳選手とパスをつなげ、獅子内美帆選手が相手ゴーリーの左肩口にゴールを決め、スウェーデンから2得点を上げた。しかし、実力に勝るスウェーデンに8得点を許し8-2で敗れた。 
 
日本 2 (0-3、1-2、1-3) 8 スウェーデン 
 
この日、スウェーデンのキャプテンのエリカ・ホルスト選手(32才)が世界選手権、オリンピックなど国際試合通算300試合出場となり、背番号300番のユニフォームで登場し、両チーム選手、会場から温かい祝福を受けた。 
 
■青木香奈枝選手のコメント 
チームメイトがスクリーンに入ってくれてゴールにつながりました。皆の1点を取りに行こうという気落ちでゴールが決まったと思います。強いチームと戦うことができて、全てが勉強になり楽しいです。こういうチームと対等に戦えるように、これからも努力したいと思います。 
 
■獅子内美帆選手のコメント 
少ないシュートチャンスを決めることができて良かったです。この大会でボディーコンタクトやパワー、スピードがまだまだ足りないと実感しました。いつもは戦うことができないトップディビジョンの選手たちと試合ができて、とても良い経験になっています。明日、残り1試合、スロバキアに勝って日本へ帰りたいと思います。 
 
■その他の結果 
スイス   1-11 アメリカ 
ロシア   1-2 フィンランド 
スロバキア 0-11 カナダ
 女子代表■IIHFフィンランド女子トーナメント 第3戦スウェーデン
このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow