セカンドライン

お知らせ

女子アイスホッケーチームのパワハラ問題について

 
  • JIHF NEWS
  • 2018年06月11日
このたび、北海道の女子アイスホッケーチーム、フルタイムシステム御影グレッズにおいて、コーチによるパワハラ行為があるとの通報ならびに新聞報道等がありました。
当連盟では、通報窓口を担当する倫理委員会が、通報規程に基づいて、関係者からヒアリング調査を行ってまいりました。
6月9日(土)、倫理委員会から、会長および業務執行理事により構成される業務執行会議に対して、パワハラ行為があったとされる報告があったため、同会議から改めて倫理委員会に対して懲戒規程に基づく調査及び審問を請求しました。
当連盟に登録するチーム内でパワハラ行為があったとされることは誠に遺憾であります。今後、このようなことが起きないよう、指導者講習や研修等による再発防止策を講じてまいる所存です。
なお、当該チームは、既に指導陣が退任しチーム関係者に謝罪しており、その後新たな体制とチーム名で新チームとして発足しております。
このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow