セカンドライン

お知らせ

■全日本選手権■大会六日目の結果 決勝進出はクレインズとフリーブレイズ

 
  • JIHF NEWS
  • 2011年02月12日

栃木県日光市で開催されている第78回全日本アイスホッケー選手権大会。    

大会六日目の2月12日は、準決勝2試合が行われた。  



<準決勝第1試合>  

日本製紙クレインズ6(3-1,1-2,2-0)3HC日光アイスバックス  

試合開始早々にアイスバックスが先制点を挙げて、地元日光は盛り上がりを見せた。  

しかし、クレインズがパワープレーで追いつき、その後も2点を勝ち越して1Pを終えた。  

2Pに入り、アイスバックスが2点を挙げて一度は追いつき、  

会場のボルテージは最高潮をむかえるが、  

直後にクレインズが勝越し弾、3P終盤に追加点を挙げ突き放した。  

終盤にアイスバックスが、2点差をおして捨て身の6人攻撃をかけるが、クレインズが  

エンプティ―ネットに決めて6-3で試合終了。  

クレインズは8年連続の決勝進出となる。  



<準決勝第2試合>  

東北フリーブレイズ4(2-1,0-1,1-1,ot0-0,gws1-0)3王子イーグルス  

フリーブレイズが2点を先制したが、イーグルスが落ち着いて追いつきそして逆転。  

さらにフリーブレイズが追いつくという好ゲームを展開。  

試合は延長戦でも決着がつかず、ゲームウィニングショット戦へ突入した。  

先攻フリーブレイズの鈴木雅仁がトリッキーなシュートを決めたのに対し、王子の久慈修平が枠を外し1-0。  

フリーブレイズ2人目の田中豪が決めたのに対し、齋藤哲也も枠を外し決着がついた。  

東北フリーブレイズは、初の決勝進出と、創部以来の初タイトルに挑むこととなった。  





※この大会の試合結果は「JIHFゲーム速報」にて携帯電話からもご覧いただけます。    



大会最終日(2月13日)の対戦    

<3位決定戦>    

09:30 HC日光アイスバックス vs 王子イーグルス (霧降)  

<決勝>    

13:00 日本製紙クレインズ vs 東北フリーブレイズ (霧降)  



※お車で会場へお越しの方はスタッドレスタイヤやチェーンをご用意ください

このページの上へ