セカンドライン

お知らせ

女子世界選手権「ドイツに延長勝ち トップDiv残留に王手」

 
  • 女子日本代表
  • 2015年04月02日
2015IIHF女子世界選手権 
残留決定戦第1戦 vsドイツ

日本 3(0-1、1-1、1-0、1-0)2 ドイツ

ドイツとのトップディビジョン残留をかけた3戦2勝先勝方式の第1戦。
立ち上りからドイツの気迫におされ、7:52に先制点を許し、第1ピリオドは0-1で終了。インターバルの間に修正したが、第2ピリオド5:23ドイツに追加点を上げられ苦しい展開となる。2ピリ終了間際にパワープレーで得点し、2-1と追い上げムードで第3ピリオドに入ると、日本らしい早いプレッシャーをかけ、ドイツを圧倒。久保英恵の同点弾で追いついた。
10分間4on4のオーバータイムは,日本が攻め続け、足が止まったドイツの反則を誘い、4-3のパワープレーでDF小池詩織、床亜矢可のうまいパス回しからFW米山知奈がゴールを決め、トップディビジョン残留に王手をかけた。
次戦は4月3日14:00(日本時間21:00)

■日本の得点
39:20 PP1 G浮田留衣 
43:30 EQ G久保英恵 A平野由佳、床亜矢可
69:01 PP1 G米山知奈 A床亜矢可 小池詩織

このニュースに関する詳細はこちら

女子世界選手権「ドイツに延長勝ち トップDiv残留に王手」
このページの上へ