セカンドライン

お知らせ

女子U18世界選手権 残留戦第1戦 スイスに惜敗

 
  • 女子U18代表
  • 2015年01月10日
JPN 1(1-1,0-1,0-0)2 SUI

トップディビジョン残留をかけた第1戦、立ち上がり5:33日本代表はPPのチャンスを活かし宮崎千里選手がゴールを決め先制したが、9:01PKで失点し第1ピリオドを1-1で終えた。
第2ピリオドはお互いに攻守に渡り我慢の時間が続いたが、DZのクリアミスを突かれ追加点を許し、第3ピリオドに突入した。日本代表はPPのチャンスを決めきれず、シュート数では24対19とスイスを上回ったが、1-2で残留戦第1戦を落とした。
トップディビジョン残留に後がなくなった日本は、1月11日12:00(日本時間12日午前2:00)再びスイスと対戦する。

■日本の得点
5:33 PP1 G宮崎千里

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ