セカンドライン

お知らせ

2014 IIHFインライン世界選手権 第4戦クロアチアに敗戦

 
  • 男子インライン代表
  • 2014年06月06日
予選リーグCグループを2位で通過したクロアチアのペースで試合がはじまり、第1クォーターで2点のリードを許した。この流れを止めたのが#10 FW 土本元太郎、第2クォーター15分18秒に#21 FW 川口皓、#8 FW 西永健太郎のアシストを受け1点を返す。しかしその後、立て続けに3失点と流れを呼び込めないまま終盤を迎えたが第4クォーター45分、今大会初出場#2 DF 米山翔介が待望の初得点をあげたが、2対5のまま試合を終えた。
次戦は、6月6日14時(日本時間6月6日21時)から予選リーグ初戦GWSで惜敗したハンガリーと順位決定ラウンドを再度対戦。

【試合結果】
クロアチア5(2-0, 0-1, 2-0, 1-1)2日 本

【日本の得点】
15:18 G-10 土本元太郎 A-21 川口皓/A-8西永健太郎
45:00 G-2 米山翔介 A-8西永健太郎

【ゲームベストプレーヤー】
#10 FW土本元太郎(トヨタ自動車北海道)

【コメント】
#12 DF 香田清二(ゼビオ)※キャプテン
大事な試合に負けてしまいとても悔しい。相手のペースをなかなか崩せず、日本のプレーをさせてもらえませんでした。
明日は必ず勝つために、チーム一丸となって戦います。

#7 FW 牛島貴生(北海道コカコーラボトリング)
第4戦クロアチア戦の反省を活かし、最終戦は勝利出来るように全力で頑張ります。

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報