セカンドライン

お知らせ

ルール改正について「2014-2018 IIHF Rule Book」

 
  • JIHF NEWS
  • 2014年05月26日
IIHF年次総会に於いて、幾つかのルール改正が承認された。
主な改正部分は次の通り。

ブルーラインはゴールエンドから22.86m(従来21.33m)の位置に変更となり、これによってアタッキングゾーンとディフェンディングゾーンが広くなる。

リンクのサイズは26m~30m × 60m (従来 29~30m × 60~61m)となり、その他のサイズは国際大会において、IIHFの承認が必要となる。

アイシングはNHLでも使用しているハイブリッドアイシングルールが適用される。

ペナルティショットにてシュートする選手はスピンやラクロスのような動きで360°のターンをする行為は禁止となる。

GKのキャッチグローブの根元部分に膨らみ(cheater piece)があるが、ここの部分をなくす運びとなり、今後はIIHFがメーカーと協議を開始する。ただし今回のルール改正におけるルールブックには記載されない。

このニュースに関する詳細はこちら

ルール改正について「2014-2018 IIHF Rule Book」 ルール改正について「2014-2018 IIHF Rule Book」
このページの上へ