セカンドライン

お知らせ

【開催要項】第33回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)

 
  • JIHF NEWS
  • 2014年02月04日
スポーツ振興基金助成事業
第33回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)開催要項
1 大会名  第33回全日本女子アイスホッケー選手権大会(A)
2 主 催  公益財団法人日本アイスホッケー連盟
3 主 管  一般財団法人北海道アイスホッケー連盟
4 競技主管 一般財団法人札幌アイスホッケー連盟
5 後 援(予定)北海道 公益財団法人北海道体育協会
6 開催期日 2014年(平成26年)3月6日(木)~3月9日(日)
7 開催場所 札幌市月寒体育館           
       北海道札幌市豊平区月寒東1条8丁目 TEL 011-851-1972
8 参加制限 第32回(A)および第17回(B)大会で、Aグループの資格を獲得した8チーム。
9 参加資格
(1)公益財団法人日本アイスホッケー連盟に登録されているチームの役員、選手とする。
(2)出場選手は中学生以上とし、高校生以下の選手について各チームで学校長および保護者の承諾を得ること。
(3)外国籍の選手は平成25年8月末までに(公財)日本アイスホッケー連盟に登録した3名以内とする。
(4)今大会において、選手および役員の2チーム以上の登録は認めない。
10 競技方法
(1)前年度大会成績によりA・B2組に分け予選トーナメント戦を行い、その成績に基づき決勝トーナメント戦及び順位決定トーナメント戦を行う。    
  ※今年度最下位チームは次年度Bグループに降格し、今年度Bグループ優勝チームと入れ替わる。
   不参加の場合は自動的にBグループに降格する。

11 競技規則    
(1)IIHF国際競技規則に基づく。    
(2)競技時間は各ピリオド正味20分、インターバル10分とする。    
(3)ボディチェックは禁止。    
(4)ヘルメットは全面を覆うフルフェイスマスクを必ず着用すること。
(5)ネックガードおよびマウスガードを必ず着用すること。
(6)原則として頭髪はヘルメットの中に納めること。
(7)各チームのプレーヤーは全員同じユニフォーム、パンツ、ストッキングおよびヘルメットを着用するものとする。    
(8)第3ピリオド終了時点で同点の場合は、ただちに「4on4方式」による5分間のサドンビクトリー方式の延長ピリオドを行う。
(9)延長ピリオドで得点がなかった場合は、IIHF国際競技規則に基づくゲームウイニングショットが適用される。
12 申し込み    
(1)参加申込用電子データを(公財)日本アイスホッケー連盟ホームページ(JIHF概要・各種書式ダウンロード)よりダウンロードし、必要事項を入力後、(公財)日本アイスホッケー連盟(jihf@jihf.or.jp)および(一財)北海道アイスホッケー連盟(hihf@star.ocn.ne.jp)に電子メールにて送信する。

(2)参加申込用電子データに入力後、プリントアウトし、所属加盟団体を通じ、下記の2箇所へ郵送すること。
 【正】主催(公財)日本アイスホッケー連盟 
       〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内 
(TEL. 03-3481-2404 FAX. 03-3481-2407)

 【副】主管(一財)北海道アイスホッケー連盟
       〒062-0905 北海道札幌市豊平区豊平5条11丁目1-1北海道立総合体育センター内
(TEL.011-788-2811 FAX. 011-788-2812)
(3)チームのホーム用およびビジター用ユニフォームの写真を、電子メールにて(一財)北海道アイスホッケー連盟(hihf@star.ocn.ne.jp)宛てに送信すること。
13 締切日 平成26年2月7日(金)  期日厳守のこと。
14 役員・出場選手
(1)チームのベンチ入り選手は22名以内(GK含む)、役員は6名以内(最低1名)とする。
(2)試合開始前に、最低選手11名(GK含む)、役員1名が揃わないチームは棄権とする。
15 参加料
(1)1チーム80,000円として、申込みと同時に主管連盟の銀行口座に納金すること。
(2)振込先
   北洋銀行 豊平支店  普通預金 口座番号 1341189
   口座名 一般財団法人北海道アイスホッケー連盟 会長 片岡 勲
16 棄権による罰則
(1)申込締切り後、棄権を申し出るチームは、(公財)日本アイスホッケー連盟(主催連盟)にその理由を添えて通知すると同時に不参加料80,000円を納入すること。
(2)事前の棄権通知を怠り、且つ、不参加料を納入しないチームは、いずれの場合も今後の(公財)日本アイスホッケー連盟の主催する公式試合の参加を認めない。この出場停止期間は(公財)日本アイスホッケー連盟において別に審議決定する。
17 開会式および監督会議    
(1)日 時 2014年(平成26年)3月5日(水)19:00~
(2)場 所 札幌市月寒体育館 会議室
(3)出席者 各チームの代表者および選手1名がユニフォーム持参で参加すること。
(4)その他 監督会議および開会式に不参加または遅刻した場合は、原則として14項同様の罰則を適用する。
(5)式次第 
   ①優勝杯返還(レプリカ授与) ②大会長挨拶 ③選手宣誓(6)会次第
   ①はじめの言葉 ②登録確認(新人選手確認) ③競技事項確認
   ④ユニフォーム確認 ⑤審判長注意 ⑥その他
18 表彰式および閉会式
(1)日 時 2014年(平成26年)3月9日(日)最終戦終了後直ちにリンクで行う。    
(2)参加者 1位、2位、3位チームは全員がスケートおよびユニフォームを着用し参加すること。
(3)表 彰  
   ○優勝   賞状・優勝杯(会長杯)
   ○最優秀選手賞 賞状・トロフィー
   ○準優勝  賞状・準優勝杯(会長杯)
   ○第3位  賞状
   ○ベスト3 賞状・トロフィー
   ○最優秀新人賞 賞状・トロフィー

19 ベンチ
(1)対戦表の左側チームは、オフィシャルボックスに向かって右側のベンチに入る。
(2)試合でのホームおよびビジターの決定は、試合開始前のパックトスによる。

20 公式練習
(1)公式練習は行わない。練習を希望するチームは有料にて受け付ける。
(2)練習を希望するチームは、2月7日(金)までに(一財)札幌アイスホッケー連盟(TEL.011-531-7765  Email. sihfsapporo@coffee.ocn.ne.jp)に申し込むこと。先着順で希望時間を斡旋する。

21 保険の加入  
(1)大会中における怪我について、責任を負わない。
(2)大会参加チームは保険に加入し、保険証書のコピーを監督会議の際に受付に提出すること。

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ