セカンドライン

お知らせ

女子U18世界選手権 第2戦フィンランドに敗戦

 
  • 女子U18代表
  • 2015年01月07日
JPN 2(2-0,0-2,0-2)4FIN

女子U18日本代表、第2戦フィンランド戦、日本はフィンランドゾーンで積極的なプレシャーをかけ、立ち上がりから日本のペースで進み、10:11パワープレーのチャンスに志賀葵選手が先制点を決めた。続いて18:33月本萌恵選手がターンオーバーから冷静に決め2-0とリードして第1ピリオドを終えた。
第2ピリオドに入り、反則から13:49と18:42にペナルティーシュートを与えてしまい、1本目はGK外崎亜優選手が好セーブ、2本目は相手に綺麗に決められ2-2の同点に追いつかれた。その後お互いにスコアリングチャンスを決めきれない時間が続いたが、第3ピリオド2:43フィンランドに追加点を許してから、フィンランドペースとなり12:31にもゴールを許し、2-4で敗戦した。
ここまで2試合世界のトップチームにチャレンジしているU18代表チーム、チャレンジする事を忘れず明後日のスイス戦では勝ち点を奪えるよう準備したい。

日本代表の第2戦は現地時間1月8日12:00(日本時間1月9日午前2:00)スイスと対戦する。

■日本の得点
10:11 PP1 G志賀葵 A関夏菜美 床秦留可
18:33 EQ G月本萌恵

このニュースに関する資料はこちら

このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報