セカンドライン

お知らせ

スマイルジャパン、世界選手権トップディビジョン決定

 
  • 女子日本代表
  • 2014年11月11日
アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」が2015 IIHFアイスホッケー女子世界選手権(トップディビジョン)出場が決まった。ソチオリンピック8位の日本と2014アイスホッケー女子世界選手権ディビジョンIグループA優勝のチェコが、トップディビジョン8ヵ国目の座を争う世界選手権予選シリーズ(2戦先勝制)を新横浜で戦った。

8日の初戦は2-0で日本が、9日の第2戦は0-2でチェコがそれぞれ勝利し、1勝1敗で第3戦を迎えた。

1Pは日本がスピードを活かし再三の得点チャンスをつくったが、ゴールに結びつけられない場面が多かった。しかし、先制点は1P 18:22 に藤本もえこが決め、1-0のリードで1Pを終了。2Pは0-0だったがチェコが日本のゾーンを攻め込む場面が目立った。3Pも我慢する時間帯があったが、速攻で3P8:51に23中村亜実が2点目を決めた。11:40 チェコに1点を許したが、日本が2-1逃げ切った。

日本は3月28日~4月4日スウェーデン・マルメで開催される2015 IIHFアイスホッケー女子世界選手権(トップディビジョン)に出場する。出場国はA組アメリカ、カナダ、ロシア、フィンランド、B組ドイツ、スイス、スウェーデン、日本となった。日本はトップディビジョンに進出した為、今季獲得する世界ランキングポイントは8位以上が確定した。

【試合結果】
スマイルジャパン 2 (1-0,0-0,1-1) 1 チェコ

SOG(枠内シュート数) 21(9-3,5-6,7-5)14

【得点経過】
18:22 日本  G13藤本 A10米山 A12大澤
48:51 日本  G23中村 A9竹内
51:40 チェコ G21Vanisova

【ゲームベストプレイヤー】
日 本 13藤本 もえこ
チェコ 9Alena Polenska

【藤澤悌史監督コメント】
事前合宿から本大会まで、皆様から多大なるご声援・ご協力を頂き、
本年度の世界選手権トップディビジョンの出場権を得ることができました。

また、事前合宿ではゲームを組んで頂いた王子ジュニア様、苫小牧東高等学校様、苫小牧工業高等学校様、
ゲーム運営に際し、ご協力頂きました連盟の皆様、
合宿や大会を快適に過ごせる様ご協力頂きましたリンク施設・宿泊施設の皆様、
海外選手に負けない身体作りのトレーニングを行う為に、
施設協力を頂きました王子製紙株式会社様、王子イーグルス様
皆様のご協力に感謝いたします。

3月に行われる世界選手権トップディビジョンに向けて、
さらによい準備を行っていきたいと思いますので、
今後ともご声援・ご協力宜しくお願いいたします。

このニュースに関する資料はこちら

スマイルジャパン、世界選手権トップディビジョン決定
このページの上へ