セカンドライン

スキルチャレンジ

SKILLS CHALLENGE TEST PROCEDURES TEST 3
Transition Skate(トランジッションスケート )

[設営方法 Test 3]

  • フェイスオフサークルの端にラインを引く。これがスタートとフィニッシュラインとなる。
  • テープメジャーを使用し、印をマーキングする。
  • 印は7m四方の正方形の角となる。
  • 印の上にパイロンを置く。

[運営方法 Test 3]

  • パックなしで、選手はスタート/フィニッシュラインからスタート。
  • 選手は遠い右側のパイロンまでスケートし前にピボットしてバックスケートの体勢に入る。
  • 手前右側のパイロンにバックスケート
  • 選手は後ろにピボットし、フォワードスケートの体勢に入り、遠い左側のパイロンまでフォワードスケートする。 前向きにピボットしてバックスケートの体勢に入る。
  • 手前左側のパイロンにバックスケートする。
    後ろ向きから前向きにピボットして、スタート/フィニッシュラインとは逆側のラインにフォワードスケート。
  • 停止して、スタート/フィニッシュラインにフォワードスケートする。
    • このドリルはタイムを計る。タイム計測は選手が動作を始めた時からフィニッシュラインを越えるまで。
    • 選手のタイムをデータ記録プロトコルに基づき記録する。
    • 選手が転倒した場合はセカンドチャンスを与える。
このページの上へ

ピックアップ

アイスホッケーについて

歴史 フォトギャラリー 用具 ルールの説明 閲覧ガイド 全国のスケートリンク情報
ゲーム速報
スマートフォンQRコード
toto 私たちはtoto助成を受けています。
独立行政法人日本スポーツ振興センター
Sport for Tomorrow